HOME > [消費者の方へ] リフォームを始めるその前に > 住宅リフォーム工事の特徴

住宅リフォーム工事の特徴

住宅のリフォーム工事は新築と異なるさまざまな特徴があります。この特徴を理解していただくことが、リフォーム工事で無用のトラブルに巻き込まれないための第一歩です。

小規模であってもリフォーム工事ならではの知識、技術が必要です

リフォーム工事には小規模なものから大規模なものまでいろいろあります。増築や改築などの大規模なリフォーム工事では構造安全上のチェックなどが必要となり、建築士等の技術者が関わる必要があります。

リフォーム工事を始めてからでないと工事内容を確定できない場合があります。

仕上げの下地や土台・根太・柱等普段は見えない部材のいたみ具合などは、リフォーム工事を始めてからでないと分からないことがあり、工事内容の変更をする必要が生じる場合があります。このような場合には変更に伴う工事費の増加、工期の延長等がトラブルの原因にもなりかねませんので、変更する必要が生じた場合の取扱いなどを工事着手前に事業者と打ち合わせておきましょう。

住宅の既存部分とリフォームした部分の「とりあい」が発生します

リフォーム工事によって、古い部分と新しく付け加えられた部分が隣り合う、いわゆる「とりあい」が発生します。ここで不具合が生じると、その原因が何なのか判断がつきにくいため、トラブルになりがちです。

とりあいの説明図

居住者が住みながらリフォーム工事を進めるのが一般的です

居住者が住みながらリフォーム工事を進める場合には、日常生活への支障や近隣に対する十分な配慮が必要であるなどの施工上の留意点があるため、工事の進め方について事業者とよく相談をしておく必要があります。

廃棄物の正しい処理が求められます

リフォーム工事では除却した木材やコンクリート、不要な設備機器等の廃棄物(廃材)が出ることが一般的です。これらは決められた手続きに従い処理しなければならず、そのための費用も必要となります。