新築・リフォームをお考えの方へ - 住まいの基礎知識

安心安全な住まいづくり

地震対策

(1)住まいのチェックポイント

地盤

地盤調査を受けましょう

地盤の良否は、見ただけではなかなか判らないので専門家に相談しましょう。

基礎

基礎をしっかりと

1階外壁と内部の耐力壁の真下に、全体が連続した一体の鉄筋コンクリート造とします。基礎と土台とは、アンカーボルトで緊結します。

防腐・防蟻

対策は丈夫な住まいへの鍵

基礎と土台をしっかり固定しても土台自体が腐ったりシロアリに食われたりしては意味がありません。土台の材料は、耐久性の高い材料を使うよう、専門家と相談しましょう。

骨組

壁と柱と床の一体化

柱の断面を大きくし、耐震性なども考慮して、各種金物を適切に使用します。

壁の配置

耐力壁のバランスが大事

耐力壁の多少は、家の強さに影響するので、できるだけ多くの箇所にバランス良く設けたいものです。

建物の形

凹凸の多い設計は要注意

家の外観は、単純な形にするほうが安全です。平面の形は、正方形に近い長方形がベストです。こうすると、地震力が建物全体に平均に伝わります。

屋根

屋根の重い住まいはご注意を

※島根県内では瓦屋根が一般的です。あらかじめ重い屋根に耐えられる構造になっていれば大丈夫です。

(2)耐震改修で住まいを安全、安心に!

ご自宅の地震に対しての強さや弱さのポイントを確かめ、住まいにあった耐震性能の改修が必要です。
耐震改修方法については、様々な方法が考えられ、総合的な判断が必要です。専門家にご相談ください。

(3)耐震診断で我が家の安全確認を!

耐震診断

わが国は、皆さんもご存知のとおり地震の多い国です。最近では、平成7年1月に阪神・淡路大震災という大きな地震が起きました。犠牲者の多くは、火災よりも家や建物が壊れたり、倒れたりしたことで発生しています。毎日生活する住まいですから、地震に強いことが大切です。万一に備えて、家族の方といっしょに住宅の耐震性能について考えてみましょう。

ご希望の方には、チェックシートで簡単に耐震診断ができるパンフレットを差し上げます。

誰でもできるわが家の耐震診断

パンフレットの請求

  • (一財)島根県建築住宅センター
    〒690-0883 松江市北田町35-3(建築会館内)
    TEL 0852-26-4577 FAX 0852-25-9581

(4)誰でもできる我が家の耐震診断

一般社団法人日本建築士事務所協会連合会「誰でもできるわが家の耐震診断」
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/kodate/wooden_wagaya.html

(5)島根県内の耐震診断・耐震改修制度について

耐震診断・耐震改修実施事務所一覧

一般社団法人日本建築士事務所協会連合会(島根県)
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/files/2013/11/Z323.pdf

支援制度一覧

国における住宅・建築物の耐震化に関する支援制度
http://www.mlit.go.jp/common/001093478.pdf

島根県内の市町村で実施されている耐震診断・耐震改修に対する助成制度
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/build/kenchiku/quake/index.data/160401_hojozigyou.pdf

その他

震災時のための予備知識
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/build/kenchiku/quake/yobichishiki.html

地震に備えて
http://www.pref.shimane.lg.jp/bousai_info/bousai/bousai/bosai_shiryo/jisin.html

耐震対策啓発パンフレット
http://www.simajyu.jp/pet-test2/idx3/file/taishinkeihatsu.pdf

※増改築等の状況によっては助成対象とならない場合もあります。詳しくは各市役所・町村役場の受付窓口までお問い合わせください。

上記以外の地域にお住まいの方でも、一定の基準を満たす耐震改修を行った場合、固定資産税等の優遇措置が受けられる場合があります。詳しくは県建築住宅課まで。

  • 島根県建築住宅課
    〒690-0887 松江市殿町1
    TEL 0852-22-5226

次へ

このページの先頭