建築業者の方へ - 各種申請・手数料のご案内

しまね長寿の住まいリフォーム助成 一室でも耐震補強版

既存住宅の耐震改修工事に対してその費用の一部を補助をします。補助の対象となるのは、耐震化に関する一定の基準を満たすための既存住宅の改修工事及びその他耐震性を向上させるために必要な工事等です。詳しくは(一財)島根県建築住宅センターまたは島根県土木部建築住宅課まで、お問い合わせください。既存の住宅を家族が安全で安心して生活できる環境に整備しましょう。

平成25年度分を受付しています。

補助の内容

補助の対象者

島根県内に存する自ら居住する既存一戸建て住宅を耐震改修する当該住宅の所有者が対象となります。(親族が名義人である場合を含む。)

補助の金額

耐震改修(増改築工事に伴い実施するものを含む)に要する工事費の23%以内の額で、1戸当たり40万円を上限とします。

対象となる住宅

次のすべての要件を満たす島根県内の既存の一戸建て木造住宅

  • 昭和56年5月31日以前に工事着手されたもの
  • 2階建て又は平屋建てであること。(併用住宅にあっては、住宅の用に供する部分の床面積が1/2以上であること。)
  • 改修前の住宅は、「上部構造評点」(注1)が1.0未満であること
  • 改修後に「部分的耐震性能」(注2)を有すること、又は上部構造評点が1.0以上であること
【上部構造評点】
耐震診断により算出された木造住宅の耐震性能の評価値
【部分的耐震性能】
次の三つの条件を満足するもの。
  1. 「特定居室」(*1)の「部分評点」(*2)が1.5以上であること。(一般診断法による上部構造評点1.5程度)
  2. 「特定居室」内の家具等(*3)に、転倒防止措置が講じられていること。
  3. 改修後の上部構造評点が、改修前の数値を下回らないこと。
*1 居間、寝室等の居室(1階に存する避難上有効な開口部を有するものに限る。)のうち、部分的な補強を行う室
*2 居室1室を耐震補強した場合(部分的な補強)の耐震性の評価値
*3 タンス・食器棚等の家具類及び冷蔵庫等の電気製品等で、高さが1.2m以上のもの

補助の対象工事の例

  1. 建物の耐震性能を向上させる工事
    1. 基礎の補強・劣化対策
      • 基礎の打ち増し
      • 炭素繊維シートによる補強
    2. 壁・床の耐震補強
      • 筋交いによる補強
      • 壁を構造用合板による補強
      • 火打ちばりの設置
      • 床に構造用合板の設置
      • 構造用金物による補強
    3. 屋根の軽量化
    4. 傷んだ柱や梁の取り替え
  2. 地震により転倒する危険性のある家具等の固定工事
    1. 家具等の固定工事
      • L型金具による転倒防止措置
      • 2段重ねの家具類の上下の固定
      • 冷蔵庫等の電気製品等の固定

申込について

補助金交付までの流れ

補助金交付フロー図

申し込み方法

当センターへ持参、又は郵送とします。

  • (一財)島根県建築住宅センター
    〒690-0883 松江市北田町35-3 建築会館
    TEL 0852-26-4577

受付時間

営業日(土・日曜日及び祝日を除く日)の午前8時30分~午後5時15分までの間とします。
※申込書及び添付書類に記載の誤り、書類の不備等があった場合、受付けができませんので、くれぐれもご注意ください。

申請書ダウンロード

バリアフリー版・耐震改修版共通
耐震改修版用

提出書類記入例

※上の記入例は、旧様式で作成したものです。

事業に関する技術基準資料

パンフレット

事業に関するQ&A

補助金に関する問合せ先

  • (一財)島根県建築住宅センター
    〒690-0883 松江市北田町35-3 建築会館
    TEL 0852-26-4577
  • 島根県土木部建築住宅課住宅企画グループ
    〒690-8501 松江市殿町1
    TEL 0852-22-5222
    http://www.pref.shimane.lg.jp/kenchikujuutaku/

このページの先頭